富士砂(溶岩砂)とPH(KH)マイナス

富士砂(溶岩砂)とPH(KH)マイナス

6月5日から7日までの記録になります。(変化に乏しいので)
<6月5日>
富士砂(溶岩砂)6月5日
生き物が何も入ってないので相変わらず透き通っている。不安だ。
さて前日にPHが高いことを確認できたので、PH(KH)マイナスを投入しておいた。
気になる結果だが。。。
富士砂(溶岩砂)6月5日PH
うん。少しさがったw
青いな~。これ本当に大丈夫なんだろうか?
富士砂(溶岩砂)6月5日2

<6月6日>
富士砂(溶岩砂)6月6日
PHが少し下がったのでエアレーションをセットした。
前日に追加したPH(KH)マイナスの効果に期待したい。まだ青いとなると硬度は非常に高い。
さて結果だが。。。
富士砂(溶岩砂)6月6日PH
弱酸性きました!!!
PH(KH)マイナスの投入量から推測すると、ドイトの富士砂(溶岩砂)には
硬度を上げる効果はあまりないように思われる。
念のため、もう一日様子をみてから、次のステップに移ることにする。

<6月7日>
エアレーションは継続中。
PH(KH)マイナスの追加投入はなし。
気になるPHだが。。。
富士砂(溶岩砂)6月7日PH
昨日と変わらず。問題ないレベルに落ち着いている。
とりあえず、手持ちの水草を植えることができるレベルになった。
明日もPHを測って問題なければ、水草の植え込みを行うことにする。