60センチ ソイル水槽 ラージパールグラス育つ

60センチ ソイル水槽 ラージパールグラス育つ

水草の植え替えをしてから、あまり時間は経っていませんが
ラージパールグラスが、だいぶ育ってきました。
右側にこんもりした丘を作りたいと思っているので少し整理することにします。
20150808 60センチ曲げ (2)
とりあえずPHチェックです。7.0前後ですね。
20150808 60センチ曲げ (3)
PHが少し高いせいか、ルドウィジア セネガルエンシス(旧ギニアSP)が
溶けはじめてます。水温が少し高かったことも影響したのでしょう。
好きな水草なので、何とか持ち直してほしいところです。

そういえば、前回いれた水草
20150731 60センチ曲げ (7)
やはりドルマリア・コルダータでした。
節間があく水草なので、レイアウトには不向きなのですがとりあえず放置します。
20150808 60センチ曲げ (7)
ラージパールグラスをトリミングしました。
ここから密に展開させて丘みたいな感じにしようと思います。
20150808 60センチ曲げ (5)
キューバパールグラスも少し広げました。
ミナミヌマエビが多いので、結構食べられてしまってます。
こまめにトリミングして密な葉にできると良いのですが。
20150808 60センチ曲げ (6)
今回も水換えは20Lほどです。木酢液は少量いれました。
こちら作業後の全景です。ラージパールグラスを切りすぎた感じです。
20150808 60センチ曲げ (4)
次回、ラージパールグラスがうまく展開していてロタラが育っていたら
左側のロタラのエリアに手をいれたいとおもいます。

それにしても、富士砂(溶岩砂)水槽と育ちが違いすぎます。
ソイル(アマゾニア)の力は圧倒的ですね。ソイルに慣れると、大磯砂には
戻れなくなるのもよくわかります。
品質の安定した良いソイルがあればよいのですが、なかなか見つかりません。
富士砂が終わったらいろいろ試していこうと思ってます。