富士砂(溶岩砂) 水草水槽セット60日後

富士砂(溶岩砂) 水草水槽セット60日後

富士砂(溶岩砂) 水草水槽セット60日が経過しました。
いまだに水草の調子は良くなりません。セット当初はPHの調整も
うまくいっていたので、期待していたのですが。。。

とりあえず、PHチェックです。
PH5.6~6ちょいといったところでしょうか。
20150808 富士砂 (4)
20150808 富士砂 (3)
少しずつあがっているので、水換えは現在のペースで継続していきます。
なんか油断すると、すぐ下がってしまう気がします。

先週ロタラをトリミングしたので、やはりガラス面にコケがでました。
やはり低床に問題があるのは間違いない感じ。ソイルや、こなれた低床なら
多少トリミングしたくらいでは、コケがでないので。
20150808 富士砂 (2)
このままズルズル続けていても、「富士砂(溶岩砂)でトニナの森」を
達成するのは難しいので、低床の改良をしていきたいと思います。

まずラージパールグラスを1本抜いてみました。
20150808 富士砂 (5)
20150808 富士砂 (6)
根っこ細すぎ。。。
水中根もでていないし、調子が悪いのが良くわかります。
植えてから時間がたっていますので通常ですと、砂を持ち上げるくらいに
なってもいいくらいなのに、このありさまです。
低床にセット時に肥料を多めにいれたのですが、効果はでてません。
また液肥をおおく添加しているのに水中根も展開していない。
ロタラもラージパールグラスも比較的、水中根を多く展開する水草なのに。

「底砂をいじる=リセット」はしたくないので
低床に肥料を入れやすいレイアウトに換えていこうと思います。

今回は手前の水草を整理しました。ハイグロフィラを小さくカット。
キューバパールグラス、ミズハコベを取り除きました。
キューバパールは少しこなれた大磯や、セットして3ヶ月くらいしたソイルで
よく育つ水草なので、育つかもしれないと思っていたのですがダメでした。
ミズハコベは論外です。ソイルや土系でないと難しいようです。
ブリクサは少しだけ育ってきたので残しました。
近くに肥料を埋め込んだので、それが効いたのかもしれません。
20150808 富士砂 (7)
20150808 富士砂 (8)
続いて底砂の締まり度をチェックです。
低床に入れる液肥と注入用の注射器を用意しました。
20150808 富士砂 (9)
20150808 富士砂 (10)
時間が経って泥化したソイルや、長期維持維持した大磯の場合、底砂に
注射器での液肥投入がうまくいきません。
先の部分が泥などで詰まってうまく液肥が出て行かないのです。
多分大丈夫だと思いますが、試してみます。
20150808 富士砂 (11)
20150808 富士砂 (12)
抵抗感はあまりありません。むしろ良好です。問題ないようです。意外です。
低床の調子が悪いのは、富士砂の粒が小さくて(小粒と極細粒を利用)
低床内の通水性に問題があると考えていましたが、ハズレだったようです。
なんとなくですが、泥化したソイルが粘土のようになって、一番底にセットした肥料を
抑えてしまっているのかもしれません。
ブリクサとハイグロフィラの成長を見て、ラージパールグラスやロタラのエリアも
整理して、底砂を改良しやすい形にしていきたいと思います。

今回は水換えを25L。PH調整なしで水道水そのまま。
あとアマゾンフロッグピッドがそだったので少し間引き。

作業後の全景
20150808 富士砂 (13)
20150808 富士砂 (14)
20150808 富士砂 (15)